2008年03月14日

おしっこたれ流し

トイレから戻ってきても、血は止まっていないような気がした。しかし、トイレに行った時、おちんちんに貼り付けられていたガーゼやふんどしのようなものには血がついていなかったので、おちんちんから出ているものは血ではないことは容易に想像できた。だけど布団の中は異様なにおいがしたが、おしっこのにおいのようには感じなかった。
この日は完全に病人のようになっていて、全く食欲はなく、夕食はほとんど手を付けなかった。
posted by 手術体験者 at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 入院中の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。