2007年03月20日

普通のおちんちんとの別れ

予定の2時半になっても呼ばれなかった。その間どのように手術するのか勝手に想像していた。その予想は全く当たらなかった。
インターホンで呼ばれたのは2時45分頃だったと思う。トイレに行ってから手術室に来てください、とのことだった。トイレに行ってからと言う理由は手術が終わってからよく分かった。母とトイレに行き、特にしたくもなかったが、おしっこをした。今まで通り「ばわーん」と膨らみ、「ぼわーん」と縮んだ。膨らむのはこれが最後だとは思っていたが、(見た目は)普通の子供と同じおちんちんともこの時がお別れとなるとは思ってもみなかった。そして手術室へ行く。手術室とは言っても、普通の診察室のようだった。
posted by 手術体験者 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。