2007年03月02日

手術の予想

手術が決まってからも、それまでと変わらずおちんちんを見せることは平気で、またそれまでと変わらずおしっこの時おちんちんが膨らむのをからかわれていました。手術は怖かったけど、まだ現実のこととして受け止めてはいなかったと思います。また、両親が忘れることを期待していました。しかし、手術でおちんちんがどのように切られるのかを予想していました。穴が小さいとのことで、先に何カ所か切り込みを入れるか、または先の方を少し切り取るのかのどちらかで、形が大きく変わるとは全く予想できませんでした。
しかし、実際は予想とは大きく異なっていました。
posted by 手術体験者 at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 手術前の恐怖 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。