2006年11月02日

診察結果

「手術をしなければなりません」
医師の正確なセリフは覚えていないが、このような内容だった。
「手術」覚悟はしていた。しかし、「もしかしたら手術しなくてもよいかもしれない」という淡い期待もあった。しかしその期待は打ち砕かれてしまった。「手術」という2文字が重く心にのしかかった。周りに手術を受けた人はいなかったので、とても重病人になってしまったような気がした。そして、さらに追い打ちをかけることが・・・。
ラベル:子供の包茎
posted by 手術体験者 at 20:37| Comment(0) | TrackBack(0) | おちんちんの検査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。