2008年09月27日

抜糸

抜糸をしたのは、新学期が始まって数日経ってからだった。抜糸の日まではずっと午前授業で、学校ではトイレに1回も行かなかった。
病院に行ったのは学校が終わってから、午後3時頃だったと思う。母と弟と3人で行った。
病院に着いてから、ほとんど待たなかったと思う。手術を受けた部屋に通されると、顔なじみになった看護婦達がいた。ベッドに横になるように言われ、ズボンとパンツを降ろされた。医師によると縫った糸は本来は自然に溶けるものなのに、溶けずに残っているのが珍しいとのこと。とにかく糸が残っているので、消毒して抜糸された。この時は母と弟はベッドの脇でこの様子を見ていた。抜糸の時少し血が出たらしい。その後、おちんちんに久しぶりにガーゼがはられたが、パンツとズボンは普通に履いた。ここでおちんちんを出したのはこの時が最後だった。
抜糸終了後、入院している母の同級生の部屋に行った。手術から1週間経っていて、元気そうだった。私が使用していたベッドは空いていて、2・3日前まで名札がついていたそうだ。
この抜糸により、針金のような糸が無くなったので、学校のトイレでおしっこをすることを決心した。
posted by 手術体験者 at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 手術後の苦労 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。