2008年08月17日

手術翌朝

手術の翌日は7時頃には起きていたと思う。痛いながらも歩けるようにはなったので、歩いてトイレに行った。この時はふんどし一丁ではなくパジャマのズボンを履かされて母と一緒にトイレに行った。トイレでは普通にズボンを颪ふんどしを取り、ガーゼをはがしておしっこをした。その後ノーパンでズボンを履いて診察室に行き、診察台に横たわって、ズボンを下ろし、消毒をしてもらった。そして再びガーゼを貼られ、ふんどしを履かされた。
手術当日は食欲が無く食事はほとんど摂らなかったが、翌日は普通に食事ができた。この時は早く家に帰りたくて仕方がなかったが、昼頃まで退院の許可が出なかった。
ラベル:子供の包茎
posted by 手術体験者 at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 入院中の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。