2007年03月23日

麻酔の痛み、そして手術開始

「麻酔の注射がちょっと痛いよ」麻酔は局部麻酔だった。手術前全身麻酔にするのか局部麻酔にするのか検討したそうだったが、結局局部麻酔になったようだ。
「500数えているうちに終わるからね」そう言われて数を数え始めた。ちくっ!「痛い」おちんちんの根元の部分に注射が打たれたようだ。今まで腕とお尻にしか注射を打たれたことがないので、「これはすごいことだ」と思った。大声で自慢したい?しかしそんなことはとてもできることではなかった。
ちくっ!はすぐには終わらなかった。ずっと同じような痛みが続く。ずっと後になって、包茎手術の麻酔は包皮口に何回か、と読んだことがあるので、注射は1回だけでなく、何回か何カ所にも打たれたのかもしれない。とにかくずっと麻酔を打たれているような気がした。そのうち、他の医師がカーテンの内側に入って来たようだった。執刀医は「今手術中で忙しいんだと言った」この時既に麻酔は終わり、手術が始まっていたのだと思う。おちんちんにメスが入る瞬間は結局分からなかった。医師に「今いくつ?」と尋ねられ、「105」と正直に答えた。そのうちに「すぱっと切っちゃおうか」という医師の声が聞こえた。手術中もどのように切り取るのか勝手に想像していたが、先に切り込みを入れるのではなく、どうやら先を少し切り取るのか、と想像した。とにかくずっと同じような痛みが続き、じっと我慢していた。
posted by 手術体験者 at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 包茎手術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。